退職金 看護師

退職金の相場〜看護師の場合

看護師の退職金はいくらくらいなのでしょうか。

 

さまざまな事情によって看護師の職を離れなければならない、また看護師してずっと働いてきて、退職金はどれくらいなのか、気になるのは当たり前だと思います。

 

もちろん退職金制度がある医療機関であるというのが大前提になりますが、その制度の規則を読んでも、なかなか理解しにくく、計算方法が分からないというのが、残難ながら普通のようです。

 

ですから、おおざっぱな言い方で申し訳ありませんが、あくまでも相場では、という言い方になります。

 

看護師の退職金は、勤続年数3年以上から支給されることになっているところが多いようです。

 

また、計算方法は、最終的な月収、基本給×(勤続年数ー控除年数)×功積倍率というのが普通です。

 

でも、はっきりいってこういう計算方法を示されても、自分の場合にどう当てはめればいいか分からないというのが本音ではないでしょうか。

 

基本給や勤続年数は分かるにしろ、特に功積倍率などは、自分ではなかなか判断できないですよね。

 

しかし、最初から、看護師として就職や転職するときに、はっきり聞いておけば問題ないはずです。

 

といっても、なかなか自分では聞きにくいことかもしれませんね。

 

その点、専門の看護師の転職支援サービスを利用すれば、この問題をクリアしてくれます。

 

そういうサービスには看護師転職のプロがいて、聞きにくい待遇面などの詳細をきちんと情報提供してくれます。